レンズに色がつく仕組み

コンタクトは、レンズのサイズや種類を確かめてから決めると問題なく使用することができます。初めて付ける時は違和感を感じやすいことも多いでしょうが、自分の目のカーブに合ったものを付ければ心配はないのです。これは、カラコンでも同じことが言えます。目に直接装着するため、質が良くないものは避ける方が賢明です。そうしないと、病気になってしまう可能性があります。

カラコンの構造は、基本的に、レンズ、着色料、レンズといったサンドイッチ方式となっています。そのため、目に直接着色された色が付くことはありません。さらに、見る相手側からしっかり色が付いているように見えれば最適です。では、装着した自分から色が付いていることはあるのでしょうか。瞳孔部分には色が付いていないため、サングラスをかけたように視界が変化することはないのです。尚且つ瞳の色が変化するのはとても魅力的です。

そのようなカラコンを、自分に適した種類を探す時場合はどのようにすればいいのでしょうか。一般的に考えると、眼科に行ってから購入の検討をします。眼科で検査をして目の大きさや眼球の状態を確かめて違和感を感じないように決めることで、効果的にカラコンを使えるのです。